≪その他の活動≫


 ◎青少協との懇談会  (青少年福祉部)

 

5月28日(月)午後1時30分より鵠沼市民センター第三談話室で青少年育成協力会5名、社協青少年福祉部18名、PTA校外委員3名が集まり合同懇談会を致しました。手島青少協会長、北島社協会長も同席され、来る6月16日(土)に鵠南小にて開催予定の「ペタンク&カローリング」の役割分担、時間割の確認等を行いました。ゲーム終了後には新種目「ボッチャ」も披露されると石井部長より報告があり和やかな雰囲気の内に散会となりました。

 


◎さつま芋作りが始まりました

 

57日、秋の公民館まつりでの地元野菜販売に向け、さつま芋の苗440本を植え付けました。残り60本は元気塾の子供達の分で合計500本を育てます。大きく成るよう一定の間隔を保ちつつ少し緊張して作業します。

5月の爽やかな風に揺られている行儀よく整列した苗の畑を見ていると、中腰作業の疲れも心地よく感じます。生育が楽しみと参加者相互の労いの言葉で解散しました。


◎ 鵠沼公民館まつりに参加しました  (10月14日、15日)

 

例年通り各部の活動状況をパネルで展示、地元藤沢で収穫された野菜、総務部で栽培した”さつまいも”の販売、”ゆっくり運動”のキャンペーン

ボランティアセンター「ささえ」の「ささえサロン」の開設などで参加しました。


 

  • ◎ 社協ハンドブックを作成しました    (総務部)

 

9月、理事の皆さんに最新版「社協ハンドブック」をお届けいたしました。

 

鵠沼地区社協の特徴をはじめ、会則・規定・運営のしくみから実施事業の紹介、町内会自治会の区分図や児童クラブ・福祉施設の所在等が掲載されています。

 

地域の方々に社協について紹介する時や実践活動の際、お役に立てる内容になっています。

 

 

 


◎ さつまいもの収穫 (総務部、生活福祉部)

 

5月に苗植え、夏の草取りとつる返しを行い収穫の時期となりました。

10月10日、3つの高齢者施設の方々と1つの保育園の園児を招いてお芋堀りをしました。

土の中に虫を見つけて飛び上がる園児達や大きな芋に驚き車イスから身を乗り出して拍手する方。紅あづまと安納芋は期待通りに実ってくれていました。嬉しい収穫の声々と共に和やかな楽しい時間を過ごしました


◎ さつまいも畑でつる返し   (総務部)  

 7月26日 さつまいもの苗植えから三ヶ月。小さな苗が行儀よく並んでいたのもつかの間。夏の陽をたっぷり頂いた葉や蔓は四方へと伸び茂っていました。土からはがすように丁寧に蔓を浮かせて地面に根を伸ばす蔓が小さなおいもをあちこちに作るのを防ぐためのつる返しを行いました。幸い、日照りが厳しくなる前に作業が終わり部員のチームワークの良さに感謝です。試し掘りした小さなお芋に皆で微笑んで秋の収穫を心待ちします。

◎ さつま芋の苗植え    (総務部)

 

5月8日(月)強風の中、今秋の公民館まつりのバザーの為にさつま芋の苗を秋の収穫を楽しみに675本総務部の部員により、また後日郷土づくり推進会議の”元気塾”の子どもたちも植え付けをしました。収穫までには暑い中での雑草取りなど大変な作業もあります。公民館まつりの折りには「藤沢産野菜販売」を是非覗いてみてください。